読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シガー吸いのバラッド

シガーに関して、たまに日々の出来事に対して自分の感情で言いたい放題の個人備忘録

ダビドフ ショート パーフェクト

 好きな銘柄のダビドフ
しかし、意外や意外、スパイシーさがめだった。
でも、ダビドフらしいハバナにはない上品なコクと甘さは健在。
スパイシーさは最初だけで、だんだん軽めのスパイシーさに変わってくる。
ミディアムボディだが少し軽く感じた。
このサイズだと豊富な煙量で味わうにはせいぜい40分くらいしかもたない。
これだったら、ジノプラチナムのほうがいいかな。
 前にも書いたがクールスモーキングと言ってちびちび吸っても美味くもないし、
前に書いた理論からいってもクールスモーキングにならないしたいして変わらないのだ。逆に葉巻本来の煙量の美味さが伝わってこない。
 また、「灰はラジエターの役割をする」とか「火の温度が上がりすぎるのを抑えてくれる」とか何を根拠に言ってるのか不思議だ。
葉巻を良く吸う方々も平気で書いてたりするが、そんな事書いてると微妙だ。
そもそもラジエターの原理を理解してるのかということだ。
 知り合いのエンジン系のエンジニアにこの話をしたら、ただの気休めだねって意見が合った。0.0何度くらいは変わるかもしれないし、手を近づけたら、もちろん灰があったほうが熱く感じないだろうけどねって。火が付いてる部分はほぼ変わらないし、それくらいの微妙な影響が葉巻吸う人たちは区別できるって凄いんじゃない?って酒の肴の話題になった。

まぁほんとに知れば知るほど不思議な世界で楽しい。