読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シガー吸いのバラッド

シガーに関して、たまに日々の出来事に対して自分の感情で言いたい放題の個人備忘録

ヴェポライザーランキング(私見:訂正)

そこそこ使ってきて分かった来た事があり、
ランキング訂正。

1.Eco(伝導式)
  地位かわらず。
2.G Pen Elite(対流式)
  地位かわらず。
3.BOUNDLESS CFC(伝導式)
  地位かわらず。
4.Relax(伝導式)
   1ランクアップ。
  吸いごたえが安定しているため、ランクアップ。
  掃除も楽だし、電池持ちも使い勝手もいい。
5.ATMOS Vicod(対流式)
   1ランクアップ。
  クローン(だと思う)だけど、詰め方次第で吸いごたえが安定するようになった。
  しかし電池が持たない。半分くらいの容量の電池なのでは?って感じ。
6.VAPIUM SUMMIT(伝導式)
   2ランクダウン。
  Relaxと同じ底に詰めて吸うタイプだが、マウスピースカバー外して使っているが、何回も比較しているうちに吸いごたえが、RelaxよりもATMOS Vicodよりも落ちる事に気づく。
  チャンバーが大きいからだろうか、詰め方や量を変えてもほぼ変わらない。
  悪くはないのだが、この中では、吸いごたえとして最下位となった。


マウスピース直下にチャンバーがあるタイプと、
底にチャンバーがあるタイプで思う事。
マウスピース直下にチャンバーがあるタイプは、
空気をチャンバーの底から吸い上げ、葉っぱを通って口に入る。
一方、底にチャンバーがあるタイプは、空気が葉っぱを通ってから
円筒状or楕円形円筒状のチャンバー底を通って口に入る。

という事は、空気が、葉っぱを通るときの温度が微妙に違う事になる。
マウスピース直下にチャンバーがあるタイプは、熱いチャンバー底の細かな穴を
通って、葉っぱに当たって、口に入る流れになるから、
より吸いごたえがあるのではないか。

また、同じ温度にしていても、底にチャンバーがあるタイプは、
チャンバーから口に入るまでが遠く、口に入るときの空気の温度も低い。
しかし、Relaxは、口に入るときの感じる温度は低いが、吸いごたえが落ちない。
チャンバーが大きくないからなのかもしれないのと、吸うのが疲れるくらい
空気が入る隙間がかなり狭く、ゆっくり空気が通るからかと思う。

その点、VAPIUM SUMMITが吸いごたえが良くないのは、チャンバーが大きすぎて、
吸い込み時の空気が入る隙間も大きいためかもしれない。

伝導式は、いぶしむらができるのは確かのようだし、
伝導式ならチャンッバーは狭く、なるべくチャンバー内の温度が逃げないものじゃないとだめなんだろう。

そう考えるとEcoは上出来だし、G Pen Eliteはさすがの対流式でマウスピース直下だし
いぶしむらもなく全体がいぶされ、吸いごたえもいい。
BOUNDLESS CFCも伝導式ながら、チャンバーが小さいし、よくいぶされる。